ストーリー

全部が中途半端だった、夏。

東京都世田谷区に住む高校3年生の秋山耕介。夏休み、家出をした小学校時代の同級生 夏木真太郎は耕介の親が田舎に帰省しているのをいいことに耕介の部屋に転がり込んでくる。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない二人。やがて部屋には真太郎の友人たちが増えていき、穏やかなはずの耕介の高校生活最後の夏休みはすっかりかき乱されていくのだった。

人物相関図